業務内容と重宝される言語

Filed in 業務内容と重宝される言語 はコメントを受け付けていません。

システムエンジニアは、クライアントの要望にあったソフトウェアの開発や運用に携わる仕事をします。
具体的には、クライアントのニーズに合ったシステムと実現可能なシステムのすり合わせを行い、全体図を作成します。
システムの細かい基本設計に関してはプログラマーが担当して作成するので、システムエンジニアの仕事は、プログラマーによって詳細設計されたプログラムをシステム全体に適応させ、統合するのが仕事です。

やりがいは、ゼロから自らの手でシステムを作り上げ、それが顧客の満足につながったときの達成感やシステム作成をチームで行うので、チームプレーを通じて仲間と喜びを共有できることにあるようです。

また、技術・専門職なので、自分の実力に応じた年収がもらえるというのも魅力だと言えます。

システムエンジニアとして必要な言語はできるだけ多く習得しているほうが望ましいと言われますが、実際には、Java、JavaScript、PHP、Rubyなどの言語を習得していると、求人市場で重宝されるようです。
Javaは幅広く活用できるのが最大の特徴ですが、Java以外は、Web開発に有用な言語であると言えます。
これには昨今のIT業界の流れが関係しており、Web上のサービスの充実やWebを用いた管理システムの作成のニーズの高まりを反映しているとも考えられるので、今後エンジニアを目指すのであれば、例に挙げた言語のようなWeb関連の開発に携われる言語を習得すると良いかもしれません。

TOP